バレンタインデーの義理チョコのお返しはどうする?

公開日:  最終更新日:2017/04/06

バレンタインチョコ

バレンタインデーは好きな人だけではなくて、最近は会社の上司にあげる義理チョコも定番になってきました。部下からもらった義理チョコのお返し、どの程度丁寧にしたらよいのか悩む点ですよね。そこでお返しのコツについてご紹介していきましょう。

もらった義理チョコはお返しをすること

バレンタインデーは会社によっては禁止をしている場合もあるようですが、社員の多い企業では部下からもらうチョコレートの数もかなり多くなりますよね。義理チョコとはいえ、送る女性にしてみるとホワイトデーのお返しを多少は期待しています。

もらったままお返しをしないのは、社内での評判が悪くなる場合も予想されますし、上司としてお返しをするのは当たり前ですよね。値段が安いチョコや手作りのお菓子でも、もらった場合は必ずホワイトデーにお返しをしましょう。

上司からのお返しのセンスは、女性社員の間でしばらく話題になるほどです。特に女性が多い職場ではもらう数が多い分、お返しも大変になりますので、将来的に社内での義理チョコを廃止してもよいでしょう。

お返しの金額について

バレンタインデーの義理チョコを部下からもらった場合、上司として多少は見栄を張りたい気持ちもありますよね。しかしいくつも義理チョコをもらった場合は、値段の高いものを買うのはちょっと負担になりますよね。

一般的にはもらった義理チョコと同程度の価格のものを選びましょう。高価なものをお返しすると、誤解を受ける場合もあります。あくまでも義理チョコとしてもらうものですから、同じようなお菓子や食べ物でお返しにするとよいでしょう。

会社によっては社内の女子社員がお金を出し合って義理チョコを用意してくれる場合もあります。そのような時は一人ひとりにお返しをするのでなく、みんなで食べられるようなお菓子の詰め合わせでもよいでしょう。もらった時と同じようにお返しをする点がポイントです。

センスの良いお返しをしたい時のおすすめ

お返しのギフト

上司としての立場から、部下に少しでもいい恰好をしてみたいという気持ちもありますよね。毎年同じようなお菓子ではつまらないと思う場合は、ちょっと個性的なお返しを考えてもよいでしょう。

よくある義理チョコのお返しは、同じようなチョコレートの場合が多いですよね。しかし男性とって女性好みのスイーツを選ぶのは実は難しいことなのです。美味しそうに見えるだけで、実際はそれほど美味しくないなんて評判の悪い結果になる可能性もあります。

そこで他にはどのようなアイテムが選ばれているかご紹介しましょう。ハンカチやハンドクリームなどのスキンケアアイテム、ハーブティセット、ケーキ、キャンディなどがあります。食べ物の味が判断できない場合は使える日用雑貨でも喜ばれますよ。

義理チョコのお返しで注意した点

バレンタインデーは女性が好きな男性に告白をする意味で日本ではチョコを送る風習でしたが、最近では社内でいつもお世話になっている上司にバレンタインデーにチョコを配る事も一般的な風習になっています。

注意したい点は、義理チョコを部下からもらった場合は、お返しをする人に対しては全て同じものを送ることが大切です。一人だけ高価なものをプレゼントしたり差をつけてしまうと、社員同士のトラブルにもなりかねません。

またお返しをもらった人にしてみると、自分だけ特別なプレゼントをされたら、気があるのかと誤解してしまいます。社内での義理チョコのお返しは、相手の気を引くためのものではなくあくまでもお返しです。あまり値段が高くない食べ物や日用雑貨品などが無難ですね。

毎年バレンタインデーになると義理チョコがあちこちで配られています。単に風習としての贈りものですが、せっかく頂いたものに対しては必ず感謝の気持ちを表しましょう。面倒ですが部下と上司の関係をスムーズにするためにも、バレンタインデーの対応は丁寧にしたいですね。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑